プリンターを活用することで費用を回収する

要約:プリンターを動かすということは常に費用が発生する。そこでビジネスとして、年賀状などうまく活用していくことで、費用は掛かってもしっかりと回収していけるものになる。

ランニングコストは費用として大きい

ビジネスということから印刷を考えた場合、書類などにしかプリンターを活用していなかったりすることもあります。
しかも、ランニングコストばかりに目が行って、本当に価値のある印刷をしているかという疑問も出てくるのです。

ランニングコストは確かに費用として大きなものです。
しかし、この費用を回収できるようにしていくことで、そこに費用を投入しても意味があるものになってくるわけです。
では、どうやって活用していくのかということが問題になってきます。

印刷物は重要な営業ツール?

印刷物は自分の主張を伝えるものとして、営業ツールになるものです。

そこで、年賀状や季節の手紙として使っていくことが大切なのです。

この場合、よくありがちなものを持ってきて印刷だけこなしてしまうということも多いかもしれません。
確かに時間ということを考えれば大幅に節約することができますが、これでは相手には何も伝わらないのです。
もしも、手紙の中に手書きの一文があったらどうでしょう。

印刷の中に手書きはとても目立ちますから、とても大きな印象を残すことができるのです。

さらに、自社が取り組んでいることなどをアピールし、何かあったら素早く連絡できるよう住所などをわかりやすく記入していきます。
こうすることで、相手にリアクションをとりやすくさせるのです。

もしも返信が返ってきたときはチャンスです。
何らかの関心を持った証拠でもありますので、しっかりとリストを作り管理していくことでビジネスチャンスを広げていくことができるのです。

費用の回収

こうやってプリンターを使っていくことによって、費用は掛かっても有効に回収していくことができるのです。
以下に効率的にやるかが問題ですね。