袋とじ冊子を作る際の豆知識

プリンターで袋とじ冊子を作る時の紙のサイズなどの注意

要約:プリンターはうまく使えば、一まとめにした冊子なども作っていける。この時には印刷したいものを一度の設定に入れなければいけないことと、印刷サイズを確認して印刷することで簡単に作っていくことができる。

プリンターを使って一枚の紙に印刷するということは、家庭でもビジネスでもよくある話です。
その印刷物をできることなら一つにまとめ冊子にしたいと思うのも、当たり前の話です。
通常であれば、片面印刷をしたものを枚数重ねていったりもしますが、これは紙代の節約になりません。
そこで両面印刷をしていくことで、簡単に冊子を作ることもできます。
ですがこれも欠点があり、紙の枚数が増えるため、しっかりとまとめて製本できなかったりするのです。

あまり枚数がないものであれば、袋とじ印刷も冊子作りには向いています。
真ん中をホチキスなどで止める袋とじ印刷は、一枚の紙に最初のページと最後のページを組み合わせ、一枚ごとに内側に向かって印刷をしていくのですが、うまく印刷しなければページがばらばらになってしまうものなのです。
そこで、プリンターに付属されている袋とじ印刷を使っていきます。
簡単な設定だけで作っていけるのですが、ここで問題は全部のページを一回の印刷設定で入れていかないとバラバラになってしまうということです。
ソフトでページの位置を考え印刷するために、あとから継ぎ足しなどを考えているとうまくいかないのです。

用紙のサイズも問題です。
A4の冊子を作りたいとした場合には、1サイズ上のA3で印刷していかなければいけません。
紙の寸法の中でもAB判は上のサイズの長辺を半分に加工することで、次のサイズの寸法になっていきます。
そのため、A4で印刷し袋とじにしてしまうとA5サイズになってしまうため、注意して印刷しなければいけないのです。