インクの考察日記

プリンターインク等のコスト削減等を考察します。

Flower

和文フォントはどこで使っていけば、費用対効果の高い印刷物を作り出せるのか

プリンターを使って印刷するということは費用が掛かる。それに見合った印刷物を作らなければいけないが、和文フォントなどを使っていくとどうしても濫用してしまうことがある。効果を考え装飾性を生かすと費用対効果も高い印刷物が出来上がる。

 

Read the rest of this entry »


業務で必要な本当のランニングコストを導き出すための、トーンまで考えた良い印刷物

プリンターの性能を生かすためにも、良い印刷物を作る必要がある。色相を統一しトーンを考えていくことで、印刷物としても完成度の高いものができ、本当に必要なランニングコストが見えてくる。

 

Read the rest of this entry »


プリンターの性能以上に重要な色の意味

プリンターの性能は重要だが、きれいで見栄えのいいものを作ろうと思った場合には、色というものを意識して作らなければいけない。配色は簡単には作りにくいが、統一感というものを意識するだけでも、伝わる印刷物ができるのである。

 

Read the rest of this entry »


家庭用のプリンターでもできるチラシのような印刷物

家庭用のプリンターでもチラシなどを作っていくことができるが、
デザインをしっかりと考えていかなければ、 かけたコストは無駄になってしまう。
写真の精度ばかりだけでなく、読みやすいかどうかということも考えなければいけない。
印刷物を作るということは、そこに目的が存在します。
Read the rest of this entry »


インクの消費を抑えて印刷する

インクの消費を抑えても効果的な印刷物を作っていく、フォントの重要性

要約:フォントを変えることでインクの消費を抑えることができる。しかし、なんでもフォントをかえウエイトを下げてしまえば、効果的な印刷物ではなくなってしまう。メリハリを考えていくことで効果的でインクが節約できるものを作れるのである。

印刷のコストを抑えるためには、インクの消費を抑えることが大切です。
当然、印刷をする以上、インクなしでは印刷できないために、インクの価格も大切になってきます。
そこで、インクの消費を抑え、価格も抑えていくのですが、本来の目的ではない印刷物を作ったところで、意味はなくなってしまいます。
Read the rest of this entry »


冊子を作る際の注意点

袋とじ冊子を作る際の豆知識

プリンターで袋とじ冊子を作る時の紙のサイズなどの注意

要約:プリンターはうまく使えば、一まとめにした冊子なども作っていける。この時には印刷したいものを一度の設定に入れなければいけないことと、印刷サイズを確認して印刷することで簡単に作っていくことができる。

Read the rest of this entry »


本当にランニングコストを引き下げられるか

インク節約ソフトは本当にランニングコストを引き下げられるか

要約:インク節約ソフトはランニングコストを大幅に引き下げることができる。ドラフトモードなどとは違い細かな設定もできるため、互換インクなどを組み合わせていけばさらに効果が高くなる。

インク節約ソフトは、インクの仕様量を下げることによって大幅にランニングコストを下げることができます。
インクを重ねることで印刷品質を維持しているプリンターに対し、インクを消費させることを抑えることによって、品質は下がるが大幅なランニングコストダウンを実現しています。
プリンターにはほとんどの機種でドラフトモードなどの解像度を下げてインク消費を抑える機能がありますが、こういった機能とは違うアプローチで消費を抑えているわけです。

実際にWebの印刷などであれば、品質は下がってもほとんど問題がありません。
ドラフトモードなどでは解像度が下がってしまうがために、見にくくなってしまうこともありますが、インク節約ソフトであれば、細かい調節もできることから品質を上げたいときには簡単に調節することができるのです。

こういったインク節約ソフトを使うと、実際にどれぐらいの節約になるかといえば、50%に設定板とすれば、100枚印刷したとしても50枚分のインクしか使いません。
一日5枚程度の印刷を続けていくとすると、インク代は年間15,000円近くにもなります。
それが50%の設定で印刷し続ければ、7,500円は節約できることになります。
実際にはインク使用には誤差も存在しますので、確実に半分にはならないとしても、かなりのコストダウンを図ることができるといえます。
こういったコストダウンに合わせ、互換インクなども組み合わせていけば、インク節約ソフトは大幅なランニングコストの引き下げ策となるのです。


費用の回収するときの概念

プリンターを活用することで費用を回収する

要約:プリンターを動かすということは常に費用が発生する。そこでビジネスとして、年賀状などうまく活用していくことで、費用は掛かってもしっかりと回収していけるものになる。

ランニングコストは費用として大きい

ビジネスということから印刷を考えた場合、書類などにしかプリンターを活用していなかったりすることもあります。
しかも、ランニングコストばかりに目が行って、本当に価値のある印刷をしているかという疑問も出てくるのです。

ランニングコストは確かに費用として大きなものです。
しかし、この費用を回収できるようにしていくことで、そこに費用を投入しても意味があるものになってくるわけです。
では、どうやって活用していくのかということが問題になってきます。

印刷物は重要な営業ツール?

印刷物は自分の主張を伝えるものとして、営業ツールになるものです。

そこで、年賀状や季節の手紙として使っていくことが大切なのです。

この場合、よくありがちなものを持ってきて印刷だけこなしてしまうということも多いかもしれません。
確かに時間ということを考えれば大幅に節約することができますが、これでは相手には何も伝わらないのです。
もしも、手紙の中に手書きの一文があったらどうでしょう。

印刷の中に手書きはとても目立ちますから、とても大きな印象を残すことができるのです。

さらに、自社が取り組んでいることなどをアピールし、何かあったら素早く連絡できるよう住所などをわかりやすく記入していきます。
こうすることで、相手にリアクションをとりやすくさせるのです。

もしも返信が返ってきたときはチャンスです。
何らかの関心を持った証拠でもありますので、しっかりとリストを作り管理していくことでビジネスチャンスを広げていくことができるのです。

費用の回収

こうやってプリンターを使っていくことによって、費用は掛かっても有効に回収していくことができるのです。
以下に効率的にやるかが問題ですね。


モノクロ印刷だけならば

モノクロ印刷だけならば、インクジェットからレーザープリンターへの変更も

要約:モノクロなどに特化した使い方をするのであれば、インクジェットプリンターではなくレーザープリンターにするということも選択肢になる。ただし、感光ドラムに関してはかなり高価なために注意が必要なのである。

Read the rest of this entry »


プリンターのランニングコストを下げる方法

要約:プリンターのランニングコストを下げる場合

インクを安く購入したりする方法があるが、インク節約ソフトを使って消費自体を下げる方法がある。印刷物の色は薄くなるが、かなりの節約効果が期待できる。

Read the rest of this entry »